西地区自主防災本部で防災訓練が行われました

防災訓練 002
6月14日、梅雨空の合間をちょうど縫って、防災訓練が行われました。
今回の防災訓練の主催は、第10・第11住宅管理組合と西自治会の3者でこのたび設立された自主防災組織「西地区自主防災本部」です。
朝9時に一斉に防犯ベルを鳴らし、棟の玄関に集合、安否を確認して、つくし公園へ集合します。およそ130名の会員の皆様が参加していただきました。
防災訓練 040

今回も、旭消防署若葉台出張所の皆さんのご協力で、消防車の展示も行われました。
防災訓練 014

消防車の説明には、多くの会員の皆様が熱心に説明を聞き、質疑をしました。
防災訓練 027

また小さなお子さんには運転席に乗せてくれる特別サービス!ボク、消防車を運転しているみたい!
防災訓練 031

ちなみに、普段何気なく散歩している道は、実はいざという時には消防車の進入路になっているのです。皆さんご存知でした?
毎回の訓練ですが、「安心・安全カード」に基づいて、その場で編成された安否確認班が、災害時手助けを必要と申請された各戸を廻って、安否確認を行いました。
防災訓練 026

そして、今回のメインイベントは、消防署の三瓶(さんぺい)所長による講演です。テーマは、「高層建築物における家具転倒防止対策の重要性」です。まさに若葉台に即したテーマとなります。
防災訓練 038
三瓶所長によれば、防災には地域に即したお作法があるという。海岸地域は津波対策、河川近辺は氾濫対策があるように、若葉台のような高層住宅密集地域には、それなりの対策が必要ということです。
若葉台では、先の東日本大震災でも、特に9階以上の住戸においてかなりの被害が報告されていたとのこと。
家具転倒防止が、命の危険を回避するだけでなく、火災の防止にも役立つこと、またひいては近所の方への「共助」つまり、助け合いの人手を確保することにつながるということでした。
とてもわかりやすい講演でした。

P6143385.jpg
そして、もうひとつのイベントは、今回発足した「西地区自主防災本部」の説明です。
「西地区自主防災本部」は、さきに開催された第10・第11住宅管理組合と西自治会の通常総会で設立が承認され、6月1日より新たな自主防災組織として発足しました。服部西地区自主防災本部本部長(西自治会会長)から、設立までの経緯、方針、今後の計画や取組み事項について説明がありました。今後、住民の皆さんの防災活動への参加や、建設的なご意見を頂きたいということでした。

防災訓練 029
いつものように防災用品の展示即売会も行われ、心配された雨も降らず、無事終了いたしました。
参加された皆様、どうもお疲れさまでした!
スポンサーサイト
プロフィール

西自治会広報

Author:西自治会広報
西自治会とは、横浜 若葉台団地にある10の単位自治会のうちのひとつです。4丁目1棟~6棟までの住民で構成される活気あふれる自治会です。
 夏祭り、運動会、駅伝大会といった若葉台全体の活動のほか、クリーンデー、定期パトロール、各種交流会といった自治会独自の活動を通じて、相互交流を図っております。
※掲載された画像を、許可なく再利用することを禁じます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード