合同防災訓練に航空消防隊のヘリ登場!

さわやかな晴天となったお彼岸の日、若葉台全域で合同防災訓練が行われ、わが西自治会の所属する西地区は、4自治会合同で、防災拠点における訓練となりました。
防災拠点となる旧西中学校は、市の指示があるほか、震度5強で自動的に防災拠点が設置されます。
災害のニュースなどで避難所の映像が流れますが、ここ旧西中学校の体育館も避難所になると思うと、災害も現実のものとして実感できる気が致します。
IMG_1993.jpg
各班ごとに分かれ、班の役割などの説明を受け、防災拠点の施設を見学していきます。
IMG_1986.jpg
プロパンガスで20kgのお米が炊ける非常用炊飯器です。最後試食しましたが、家庭で炊くお米となんら変わりなく、ふっくらととてもおいしく炊けていました。
IMG_1976.jpg
防災備蓄倉庫に保管されている、非常用資器材の数々です。
普段から、こういうものがあることを知っていることが、重要になります。
IMG_2017.jpg
そして災害時に重要な水。
若葉台地区は、2か所に災害用緊急給水栓があります。ここ旧西中学校にもあり、簡単な操作で、川井浄水場から耐震給水管で直結されたパイプを通ってきた水が出ます。
でも、この水は災害発生から4日目になって稼働することになります。それまで、飲料水は家庭で、一人9リットルを保管しておく必要があります。
IMG_2040.jpg
そして、夏祭りの会場でもある若葉台公園が、緊急時のヘリコプター離発着場として認定され、今回初めて、横浜市の航空消防隊の訓練が実施されました。
事前のアナウンスもあり、多くの見物客が押寄せました。
「本当に若葉台に消防ヘリが来るのか?!」
半信半疑でしたが、本当に来ました!やっぱり実物を見ると恰好いいですね。
物資搬入、搬出の訓練を実施した後、見学タイムとなり、ヘリコプターはあっという間に黒山の人だかりとなりました。
IMG_2060.jpg
これで、若葉台がますます安心して暮らせる街になりましたね。
スポンサーサイト
プロフィール

西自治会広報

Author:西自治会広報
西自治会とは、横浜 若葉台団地にある10の単位自治会のうちのひとつです。4丁目1棟~6棟までの住民で構成される活気あふれる自治会です。
 夏祭り、運動会、駅伝大会といった若葉台全体の活動のほか、クリーンデー、定期パトロール、各種交流会といった自治会独自の活動を通じて、相互交流を図っております。
※掲載された画像を、許可なく再利用することを禁じます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード